東北楽天の銀次が3安打を記録し、復調をアピール。「悪くない。積極的にストライクを打ちにいけている」と手応えを口にした。

 六回は2死二、三塁から、そこまで攻めあぐねたディクソンのスライダーを捉え、右前へ同点の2点打。「真っすぐのタイミングで待って変化球に対応した。しっかりバットを振れたので、いい所に飛んだ」と納得顔で振り返った。

 九回にもウィーラーに続いて中前打を放ち、同点につながる好機を築いた。打率も3割台に戻し、「これからもっと打っていきたい」と一層の活躍を誓った。

...    
<記事全文を読む>