敗戦の瀬戸際から一転、東北楽天が意地と執念で今季初の引き分けに持ち込んだ。立役者は九回に代打で同点打を放ち、延長に入ってからは3年ぶりの遊撃守備と攻守に奮闘したベテラン松井稼。梨田監督は「(遊撃の1番打者)茂木がいない中で本当に助かった」と感謝を口にした。

 ドラマは2-4の九回2死一、三塁から始まった。代打藤田が守護神平野の落ちる変化球を空振り三振して万事休すかと思いきや、暴投で振り逃げとなり、三走が生還。続く代打松井稼が左打席に立って外角の直球を逆方向へはじき返し、試合を振り出しに戻した。

 松井稼の見せ場は続いた。二遊間が本職の三好と阿部が既に交代していたため、十回から遊撃を守った。...    
<記事全文を読む>