青森県で29年ぶりとなるプロ野球の1軍公式戦が28日、弘前市運動公園野球場(愛称・はるか夢球場)で開催される。元東北楽天ジュニアヘッドコーチで、誘致に奔走した市文化スポーツ振興課の今関勝さん(46)は「スポーツを通して、街を明るくしたい」と悲願の1軍戦に期待を寄せる。

 日本ハムの投手としても活躍した今関さんが市に採用されたのは2015年1月。市が商工会や野球関係者らの団体と翌2月に設立した「1軍戦誘致実行委員会」のメンバーとして、弘前市民が仙台で東北楽天戦を観戦する1000人規模のバスツアーを実施した。

 地元では、応援の仕方を教える東北楽天戦のパブリックビューイングを開催するなど、市民...    
<記事全文を読む>