日本ハムは26日、近藤健介捕手が28日に徳島県内の病院で腰椎椎間板ヘルニアの脊椎内視鏡手術を受けると発表した。

 近藤選手は「シーズン中にチームを離れることを申し訳なく思いますし、個人的にも残念な思いはあります。ただ、今後の野球人生を考え、しっかりと治してプレーすることが最善だと思って決断しました。手術を受けた後は、一日も早くファンのみなさんに元気な姿を見せられるよう、リハビリに励もうと思います」とのコメントを発表した。

...    
<記事全文を読む>