東北楽天の聖沢が14日のヤクルト戦以来となる、3番左翼で先発出場した。一回に先制の中前適時打を放ち、「チャンスで期待に応えることができてよかった」と笑顔を見せた。

 無死二、三塁で浦野の外角直球を鋭く振り抜いた。浦野とはこれまで6打数4安打と相性が良く、「リラックスして打席に入れた」と振り返る。3番として「(4番の)ウィーラーにいい形でつなぐことを意識した」と言う。

 五回には1死一塁から相手の意表を突き、三塁前に転がすセーフティーバントを試みた。自らはアウトになったが、続くウィーラーと銀次の連打で4点目が入った。梨田監督も「打順の入れ替えがはまった」と満足そうな表情だった。
...    
<記事全文を読む>