打球がバックスクリーンを直撃した瞬間、東北楽天ベンチが歓喜に沸いた。1-1の延長十一回、ウィーラーが豪快な勝ち越し弾で均衡を破った。大仕事をやってのけた主砲は「自分のホームランで試合を決められてうれしい」と勝利の余韻に浸った。

 延長十一回、先頭のウィーラーが代わったばかりの玉井を打ち崩した。バットの芯で力強く捉えたのは1ボールから2球目の外角寄りの直球。「打席で基本は真っすぐを待っている。うまく打つことができた」と狙い澄ました一発だった。

 茂木が1番打者として打線の火付け役となっていたが、右肘の故障で戦列を離れただけに、ウィーラーら外国人助っ人にかかる期待が増している。この日はペゲーロ...    
<記事全文を読む>