東北楽天の梨田監督は五回2死一、二塁の場面で、先発の安楽を高梨に代えた。1点差を守ろうとする狙いが当たれば、今季の名采配の一つに数えられるはずだったが、裏目に出た。

 次打者は中田、さらにレアードと右の強打者が控える。「安楽は球が少し浮いてきた。中田には前の打席で一発(2ラン)を打たれた」。梨田監督はあと1死で勝利投手の権利を手にする右腕に見切りをつけた。「中田、レアードとも左投手には分が悪い」。右打者に、あえて左腕の高梨をぶつける根拠もあった。

 ただ、高梨は比較的、右打者を苦手にしていた。「一発を警戒しつつ、際どいところを突く」と丁寧に投げたが、中田に四球を与えて2死満塁のピンチに陥っ...    
<記事全文を読む>