プロ野球で昨季10年ぶりの日本一に輝き、連覇が期待される北海道日本ハム。2013年から3年間、若手を教育する役割を担ってきた前ヘッドコーチの阿井英二郎が、毎回、「背番号の本音」として各選手のなかなかうかがい知れない胸の内や本音を引き出す。(敬称略) 阿井にはずっと気になっていたことがあった。札幌ドームのマウンドに上がった斎藤佑樹に拍手が送られると、表情に不安の色が浮かぶのだ。敵地で投げる時の方がむしろ堂々としているように見えるという。■自分でしか物事を動かせないと感じるように ――プロ1年目と今では拍手、感じ方はどうかな。

 「全然違います。期待というより、大丈夫なのかなと不安そうに見ら...    
<記事全文を読む>