プロ野球北海道日本ハムの新球場建設を核とするボールパーク構想で、札幌市と球団の3回目の実務者協議が21日、札幌市役所で行われ、球団の前沢賢事業統轄本部長は協議後、市が候補地に挙げている旧道立産業共進会場(ケーズデンキ月寒ドーム)と学校法人八紘学園所有地=ともに豊平区=を合わせた土地について「拡張性がないということでは、やれることが限られるという意味において、非常に厳しい」と述べた。

...    
<記事全文を読む>