ヤクルトの由規投手が完全復活に近づいている。14日に神宮球場であった東北楽天との交流戦で7回1失点と好投し、今季2勝目(2敗)を挙げた。右肩痛を乗り越えて昨季5年ぶりに1軍復帰し、ここまで4試合に登板して防御率2.74の成績。チームはセ・リーグ6位と低迷する中で「チームが苦しい時だからこそ、いい勝ち方をして流れを引き寄せたい」とマウンドに上がる。

 「仙台人らしく、粘っこく投げました」。14日の東北楽天戦の後、お立ち台で胸を張った。ほぼ毎回走者を許しながら、要所を締めた。四回は1死三塁のピンチを迎えたが、藤田の投ゴロを好捕し、続く足立も打ち取って無失点で切り抜けた。2度の好機で凡退した藤...    
<記事全文を読む>