交流戦を終えても、リーグ首位の座を守るイーグルス。ファームも好調で、イースタン・リーグ首位です。その中、ひと際注目なのが福島市出身のプロ3年目、右投げ左打ちの八百板卓丸(たくまる)外野手です。

 背番号122を付ける育成の八百板選手は「今年が勝負の年」と話します。17日の日本ハム戦では、Koboパーク宮城の右翼席に運ぶ3号3ランを放ちました。首脳陣からの期待も高く、昨秋のキャンプでは米村1軍・2軍巡回外野守備走塁コーチから「この期間よう頑張ったのは卓丸や!」と声を掛けられていました。

 「卓丸」という名前。一度聞いたら忘れられないですが、実は野球への思いがこもった由来があります。

  元巨人...    
<記事全文を読む>