左太もも裏肉離れで2軍調整中だった日本ハムの大谷が19日午後、札幌の選手寮に入った。20日から札幌ドームで行われる1軍練習に合流する。実戦復帰に向けて走塁面では未確認の部分もあるが、打撃好調だった近藤の負傷離脱が長引きそうなため、栗山監督は大谷の早めの1軍合流を決断したもようだ。首脳陣が試合出場に問題ないと判断すれば、23日に再開するリーグ戦に指名打者(DH)で復帰する可能性もある。

 大谷は左脚の筋力も増し、18日は7割程度の力でダッシュを行うまでに回復。本来は千葉県鎌ケ谷市の2軍施設で、全力に近いダッシュやベースランニングなどの練習を経て実戦復帰へ備える予定だった。
<記事全文を読む>