日本ハムは四回にレアードの2点適時打で先制。六回は市川の適時二塁打などで2点を追加し、七回にも西川の2点二塁打でリードを広げた。有原は九回途中3失点で5月20日以来、約1カ月ぶりの4勝目。ヤクルトは連勝が4で止まった。

...    
<記事全文を読む>