チャンスメークに決定打。「3番・中堅」でスタメン出場した西川が、今季3度目の3安打猛打賞でチームの勝利、連敗ストップを導いた。七回変則左腕から適時打 まずは四回だ。二死走者なしで左前打で出塁。4番・中田の左翼線二塁打で三進し、続くレアードの左前打で先制のホームを踏んだ。

 納得の一打はヤクルトを突き放したタイムリーだ。4点リードで迎えた七回二死一、二塁。変則左腕の久古から左翼線へ2点二塁打。「特種な左腕。イメージと違っていて(パ・リーグには)なかなかいないタイプ。うまく処理できた」と胸を張った。九回には7球ファウルで粘った末、右腕・ルーキから右翼越え二塁打を放った。

...    
<記事全文を読む>