東北楽天のペゲーロが八回、バックスクリーンに満塁弾を放ち、とどめを刺した。「打った瞬間にホームランと分かる当たりだった」と会心の一打に気を良くした。

 八回、味方が2点を勝ち越した後の2死満塁で打席に入った。「満塁はストライクゾーンにボールが来やすい」という読み通り、真ん中に入ってきた初球を豪快に振り抜いた。

 5月27日の西武戦以来、今季2本目の満塁弾。直近3試合は無安打と湿っていただけに、この一打が復調のきっかけになりそうだ。

...    
<記事全文を読む>