東北楽天は交流戦の終盤に入り、投打がどうもかみ合わない。最終カードの阪神との初戦を落とし、3連敗。これで交流戦の最高勝率チームになる可能性が消えた。

 1-2の八回、梨田監督は3番手の久保を続投させた。七回から登板し、この回は難なく三者凡退。「(七回の)球数が(8球と)少なかったので、何とかもう1イニング」と経験豊富な右腕に託したが、その采配が裏目に出た。

 1死から連打などで満塁とされ、中谷を渾身(こんしん)の外角直球で見逃し三振。続く鳥谷を抑えれば、九回に逆転の機運が高まったが、痛恨の2点中前打を浴びた。4球目の変化球をはじき返され、「あと一つアウトを取れていれば」と唇をかんだ。

 打線...    
<記事全文を読む>