東北楽天の三好が0-2の三回、左越えに反撃の1号ソロを放った。2011年の春、福岡・九州国際大付高のエースとして臨んだ選抜大会で準優勝。思い出の球場での一発に「何とか出塁しようと、必死に変化球に食らい付いた結果」と汗をぬぐった。

 今季は守備や代走での途中出場が多い。先発出場も左投手対策の場合が目立つ中、この日の試合を終えて4割1分4厘と高打率を維持している。「出してもらった時にしっかり一本打てるよう心掛けている」と言い、全力プレーが実を結んでいるようだ。

...    
<記事全文を読む>