りゅうぎん総合研究所(沖縄県那覇市、池端透社長)は15日、2017年プロ野球沖縄春季キャンプの経済効果を発表した。日本シリーズやリーグ優勝チームがキャンプを実施したほか、巨人のキャンプ期間が16年より延長されたことなどから、経済効果は109億5400万円、観客数は約34万9000人で共に過去最高となった。

 県内で春季キャンプを実施した国内のプロ野球チームは昨年と同じ9球団だった。選手や球団関係者の参加人数は前年とほぼ同数の千人。

 報道関係者や解説者は、日本シリーズを制した日本ハムが県内でキャンプを実施したこともあって、前年比250人増の約2千人だった。

 観客数は昨年より約1万7千人の増...    
<記事全文を読む>