東北楽天は先発則本が後半に崩れて逆転負け。連続2桁奪三振のプロ野球記録が8試合で途切れた。同点の六回2死満塁から雄平の適時二塁打などで3点を失い、七回にも2失点。7回6失点(自責点4)で2敗目を喫し、自身の連勝も7で止まった。打線は四回にウィーラーのソロで先制したが以降は振るわず、九回に岡島の右翼線への二塁打で1点を返すにとどまった。

 ヤクルトは原樹が2失点でプロ初完投し、2勝目。7カードぶりに勝ち越した。

 ヤクルト-東北楽天3回戦(ヤクルト2勝1敗、18時、神宮、23、934人)東北楽天000100001=2ヤクルト00001320×=6(勝)原樹13試合2勝3敗(敗)則本11試合8...    
<記事全文を読む>