東北楽天の嶋が五回、顔面にボールを受けて負傷退場した。無死一塁からのグリーンの打席で則本の変化球がワンバウンドし、右あご付近を直撃。後ろにそれた球を捕球した後に痛みのためにうずくまり、そのまま足立と交代してベンチに下がった。

 梨田監督は「(当たったのは)頸(けい)動脈のあたり。呼吸が苦しそうだった」と説明。16日以降の出場は当日の状況を見て判断する見通しで、嶋本人も「明日になってみないと分かりません」と話した。

...    
<記事全文を読む>