13日のオリックス戦(三次)で、相手エースの金子に投げ勝った薮田。無欲の快投で白星をつかんだが、かなえたい願望がひそかにあった。

 「ヒットを打ちたい。あわよくば本塁打を」。登板前日、そうぽろっと口にした。もともと打撃は好きと言うが、開幕から中継ぎだったため、打席に立ったのは2度だけ。先発転向後もパ・リーグ本拠地での登板で、打席には立たなかった。

 胸躍らせて迎えた試合当日。1打席目は直球2球で追い込まれ、最後は変化球に空振り三振。2打席目は送りバントを試みたが、3球続いた変化球に、またも空振り三振に終わった。一度もバットに当てられず、「バントもさせてくれなかった」とお手上げの様子。快音は...    
<記事全文を読む>