楽天の則本昂大投手(26)は15日、神宮球場で行われた交流戦のヤクルト3回戦で7回を投げて8三振で降板し、プロ野球記録を更新中だった連続試合2桁奪三振は8で止まった。

 5月25日のオリックス戦で6試合連続2桁奪三振として1991年の野茂(近鉄)の持つプロ野球記録に並び、6月1日の巨人戦で7試合連続として新記録を樹立。

 8日のDeNA戦で8試合連続としていた。

    ◇ 記録はいつか途切れるものだ。7回6失点で奪った三振は8個。2桁奪三振の連続試合が8で止まった楽天の則本は「記録よりもチームを勝たせることができなかったことが悔しい」と唇をかんだ。

 1-1の六回2死満塁。雄平に低めのフォー...    
<記事全文を読む>