東北楽天打線はつながりを欠いた。6四球と制球を乱した由規を攻略できず、礒部打撃コーチは「はまってしまうと打ちづらい。左打者はスライダーでカウントを取られた。きょうはつきがなかった」とさばさばと振り返った。

 昨季、リーグトップの得点圏打率を誇った7番藤田のブレーキが響いた。二回1死二、三塁と四回1死三塁の好機でいずれも凡退。特に二回は安打性の当たりを由規の好捕に阻まれた。「犠牲フライで追い付く場面。どこかで打っていなければいけなかった」と唇をかむ。

 指名打者制のないセ・リーグ主催試合の難しさもあった。足立が歩かされた二回に触れ「自分が打たないと(9番が投手なので)次が敬遠されるのは分かっ...    
<記事全文を読む>