右脚のけがから復帰した東北楽天の安楽が、今季初めて1軍のマウンドに上がった。由規との「甲子園を沸かせたスター投手」対決は打線の援護がなく、6回3失点で黒星。「チームの調子も良いので、その流れに乗っていきたかったが…」と話したが、復帰を待ちわびたファンに次回以降への期待を抱かせる投球だった。

 「慎重に入りすぎた」と立ち上がりこそ先頭への四球から先制を許したものの、二回以降は落ち着いたマウンドさばきを見せた。悔やまれるのは、1-2の六回。2死までテンポ良く打ち取った直後、グリーンに内角高めに入った直球を完璧に捉えられて右越えソロを喫した。「あの一発で試合が決まった。もっと冷静に攻めていくべ...    
<記事全文を読む>