巨人は14日、東京ドームで行われた交流戦のソフトバンク2回戦で継投による無安打無得点試合を達成した。レギュラーシーズンでは2006年4月15日に日本ハムがソフトバンク戦で延長十二回の末に記録して以来、4球団目でセ・リーグでは初。日本シリーズでは07年に中日が日本ハム戦で山井大介、岩瀬仁紀の継投で完全試合を達成したことがある。

 昨秋にDeNAからフリーエージェント(FA)宣言して巨人に移籍した山口俊が移籍後初登板で6回を投げて打者20人に4四球を与えただけで無安打の力投。その後もマシソン、カミネロがつなぎ、3-0で勝った。

 ◇ 巨人が3人の継投で無安打無得点試合を達成した。山口俊が球を低...    
<記事全文を読む>