東北楽天の松井稼が3安打5打点と活躍し、ヤクルトを圧倒する猛打の火付け役となった。「まさか、こんなご褒美があるとは。こういうことがないと練習も頑張れない」。今季初の猛打賞、そして入団した2011年以来、6季ぶりの5打点の喜びをかみしめた。

 1-0の一回2死二、三塁から右中間三塁打で2走者をかえした。「まず1本目が出て後の2本にもつながった」と三回には1死二、三塁から左前打で2点を加えた。打ったのはボールゾーンに沈む難しい変化球で「バットに当てれば何とかなる、と食らい付いた」 気迫が最も表れたのは、五回の第3打席。右太ももに自打球を当て、痛みに表情をゆがませながらも、その後に四球で出塁し...    
<記事全文を読む>