東北楽天は13日からヤクルト、阪神との敵地6連戦に臨む。先発陣には、開幕直前に負傷離脱していた20歳の安楽、ドラフト1位の高卒新人で18歳の藤平を新たに組み入れる見通し。交流戦は現在、7勝5敗の5位だが、最後の2カードで若い両右腕を原動力に勢いづきたい。

 13~15日のヤクルト戦(神宮)は釜田、安楽、則本、16~18日の阪神戦(甲子園)は藤平、美馬、岸の順で先発が予想される。このうち休養日の美馬を除く5投手が12日、仙台市のコボパ宮城で調整した。

 昨季後半戦で先発に定着し、3勝を挙げた安楽は今季、則本、岸に次ぐ先発の柱と期待されたが、3月下旬に右太もものけがで2軍落ち。14日の登板に向...    
<記事全文を読む>