東北楽天が終盤に競り合いを制して、3カードぶりの勝ち越しで貯金を20に戻した。同点で迎えた八回1死一、二塁から藤田の適時右前打で4-3と勝ち越した。先発岸は7回2失点の好投で、八回を投げたハーマンが来日初勝利。九回を締めた松井裕は両リーグ最速となる20セーブ目を挙げた。

 広島は今季の交流戦で初のカード負け越し。

 東北楽天-広島最終戦(東北楽天2勝1敗、13時、Koboパーク宮城、27,146人)広島  010010010=3東北楽天10001011×=4(勝)ハーマン23試合1勝1S(S)松井裕27試合2勝1敗20S(敗)ジャクソン28試合2敗1S(本)鈴木13号(1)(岸)☆梨田の...    
<記事全文を読む>