3-3で迎えた八回、藤田が貴重な一打で勝ち越し点をもたらした。「広島の勢いを感じた苦しい展開の中で、点を取れてよかった」と胸を張った。

 1死一、二塁、藤田は2球目に来た内角高めの直球を強引に引っ張ると、右前への安打に。二走の銀次を生還させ、勝ち越し点をもぎ取った。

 3カードぶりの勝ち越しを呼び込んだ。13日からのヤクルト、阪神との敵地6連戦に向け、「勝ち越して帰りたい」と意気込んだ。

...    
<記事全文を読む>