日本ハムは11日、札幌ドームで巨人と対戦し、5―1で快勝。先発した村田が32歳でプロ初勝利を挙げた。

 三回に西川の4号2ランで先制に成功。四回にも田中賢の適時三塁打、中島の適時打で加点した。村田は五回に1失点したが続くピンチをしのぎ、5回6安打1失点。七回には大田の8号ソロが飛び出すなど、投打がかみ合い、盤石のリリーフ陣で逃げ切った。

 初のお立ち台に登った村田は「たくさんの人に応援してもらって、ここまで来られました。ありがとうございました」と壇上で男泣き。2007年大学生・社会人ドラフト1巡目で巨人に入団も3年で戦力外通告を受けた。米国武者修行を経て、7年ぶりの日本球界復帰。古巣を相手...    
<記事全文を読む>