【ヒューストン=共同】アストロズの青木宣親外野手(35)が11日、ヒューストンの本拠地ミニッツメイド・パークで行われたエンゼルス戦に「9番・左翼」でフル出場し、四回に右中間二塁打、六回に左前打を放ち、日本選手7人目の日米通算2000安打をマークした。八回には右前打を放って4月25日以来の3安打で2001安打とした。試合はアストロズが6-12で敗れた。

 プロ野球ヤクルトでの8年間で通算1284安打、5球団を渡り歩いたメジャーは今季が6年目で通算717安打。プロ14年目で大打者の証しといえる大台に到達した。

 日米通算2000安打は過去、イチロー(マーリンズ)松井稼頭央(楽天)松井秀喜(元巨...    
<記事全文を読む>