東北楽天が投手戦を制した。先発美馬は四回に1点先取を許したものの、安定感抜群の投球で広島打線を八回まで4安打1得点に抑え、7勝目を挙げた。打線は五回にアマダーの7号ソロで同点とし、八回1死一塁からペゲーロの左越え二塁打で勝ち越した。

 広島は八回1死二塁の勝ち越し機を逸したのが痛かった。

...    
<記事全文を読む>