<阪神5-1ソフトバンク> 悔やまれる突然の乱調だった。ソフトバンクの3年目、松本裕樹(盛岡大付高)は二回に3四球で塁を埋めると、糸原に右翼線へ2点二塁打を浴び、先制を許した。さらに2死二、三塁から上本に再び2点二塁打を左翼線へ運ばれた。3日の前回登板でプロ初勝利を手にしたが、この日は5回4失点で初黒星。「四球が多く、甘くなった球を打たれて悪循環だった」と反省した。

 序盤からスライダーが抜けてカウントを整えるのに苦労した。三回以降はやや落ち着いたものの工藤監督は「四球はもったいない。(捕手の)甲斐がストライクを取る球を見極めないといけない」と若いバッテリーに成長を求めた。
<...    
<記事全文を読む>