東北楽天の則本昂大投手(26)は8日、仙台市のKoboパーク宮城で行われた交流戦のDeNA3回戦で12三振を奪い、8試合連続2桁奪三振として自身の持つプロ野球記録を更新した。米大リーグ記録はレッドソックスのペドロ・マルティネスとクリス・セールが持つ8試合連続。

 則本は八回、筒香から見逃しでこの試合10個目の三振を奪った。12奪三振で2失点完投する力投で両リーグ最多の8勝目を挙げた。

 この金字塔はどこまで積み上がるのか。則本が自身が持つ2桁奪三振の連続試合記録を8に伸ばすとともに大リーグ記録に並んだ。

 10個目の奪三振は八回1死二塁、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表で...    
<記事全文を読む>