八回、杉谷とレアードの連続適時打で1点差とし、なおも無死二塁で迎えるは中田。一発出れば逆転の絶好機で、背番号6は空振り三振に倒れた。押せ押せムードはしぼみ、後続も凡退。4番がブレーキとなり、昨季日本一を争った広島に3タテを食らった。

 中田は1―4の六回2死一、二塁でも平凡な遊ゴロで好機をつぶした。この3連戦、12打席で安打はゼロ。試合後、自らに怒りをぶつけるように「全然話にならない。どうにでもなれって感じ」と吐き捨てるように言った。

...    
<記事全文を読む>