左太もも裏肉離れからの復帰を目指す大谷は8日、2軍施設の千葉・鎌ケ谷で故障後初めて、屋外でブルペン入り。マウンドから正規の距離(18・44)より約2メートル手前の位置に捕手を座らせ、31球投げた。

 キャッチボールを終えた大谷は三塁側ブルペンに直行。渡部ブルペン捕手に座ってもらい「ショートピッチングなので、そこまで力を入れてないです」と抑えめの力加減で31球。試合に向けての投球練習ではなかったが、「投手」としての復帰へ、確実に一歩前進した。

 これまでブルペン投球は室内が中心。標的も人ではなく、ネットなどの道具を使って投球距離も本来の約半分程度で行っていた。福田2軍チーフトレーナーは「(投...    
<記事全文を読む>