◇西武13-2巨人 巨人は8日、メットライフドームで行われた交流戦の西武3回戦に2-13で敗れ、球団ワースト記録を更新する13連敗を喫した。プロ野球記録は1998年にロッテが喫した18連敗で、セ・リーグ記録は70年のヤクルトの16連敗。

    ◇ なすすべもないまま巨人がまた一つ連敗記録を塗り替えた。先発池田は三回途中7失点と打ち込まれ、「苦しくなってストライクを欲しがった結果」。プロ入り2度目の先発となった新人左腕では、球団ワーストの連敗記録を止めるには荷が重すぎた。

 勝負の大勢は三回で決した。1死から俊足の源田に中前打を許すと、機動力を警戒するあまり制球が乱れる。連続四死球で1死満塁...    
<記事全文を読む>