東北楽天のペゲーロが四回、バックスクリーンに13号3ランを放った。「(相手が)セ・リーグの投手だとかは関係なく、いつも通り準備した結果」。チームが3連敗したとあって淡々と振り返る。

 3-8とした直後、2死一、三塁からの特大アーチだった。「追い込まれていたけれど、自分のスイングができた」と、2ストライクから高めに浮いた変化球を強い振りで捉えた。

 この一発で2点差に迫ったが、五回以降は無得点と反撃も及ばなかった。梨田監督は「逆転の展開を描いたが、うまくいかなかった」と唇をかんだ。

...    
<記事全文を読む>