青木が日米通算2000安打まであと3とした。ロイヤルズの先発、新人右腕のジュニスに2打席凡退した後の五回の第3打席。2番手の右腕マッカーシーと対戦した。初球をたたくと、打球は三遊間へ高く弾んだゴロとなり、遊撃手が素手でつかんでそのまま送球したが、青木が送球より早く一塁を踏んだ。

 七回の第4打席の相手は左腕ウッドだった。三遊間に強い当たりのゴロをはじき返したが、三塁手が横っ跳びで好捕。青木は必死に走ったが、今度は間に合わずアウト。この日は4打数1安打だった。

 前日5日から、2014年に在籍したロイヤルズの本拠地カンザスシティーでプレーしている。ワールドシリーズに出場した思い出のチームであ...    
<記事全文を読む>