プロ野球交流戦「東北楽天ゴールデンイーグルス対横浜DeNAベイスターズ」(山形新聞、山形放送、楽天野球団主催)は6日、中山町の荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがたで行われ、楽天が1―9で敗れた。楽天は本県で7連敗。

 楽天は辛島航、DeNAは浜口遥大が先発。楽天は初回表に辛島がDeNA先頭桑原将志に本塁打を浴び、さらに4番筒香嘉智にも2ランを喫し、この回3失点。2番手戸村健次もDeNA打線につかまり楽天は六回までに9点を奪われた。攻撃では、四回に相手投手の制球の乱れを突き1点を返すにとどまった。

 楽天は投手陣が本塁打4本を浴びるなど打ち込まれ、今回も本県初勝利はならなかった。

 先発の辛島...    
<記事全文を読む>