プロ野球交流戦「東北楽天ゴールデンイーグルス対横浜DeNAベイスターズ」(山形新聞、山形放送、楽天野球団主催)が6日、中山町の荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがたで行われた。両チームの迫力のあるプレーが、会場に詰め掛けた1万3841人を熱くした。

 試合は初回、DeNAの本塁打攻勢で楽天が3点のリードを奪われた。約20年ぶりのプロ野球観戦という山形市吉原、会社員大槻史洋さん(37)は「球場で見ると熱気と臨場感が違う。個人的に好きな筒香(嘉智)選手のホームランが見られて良かった」。

 高校球児たちも熱い視線を送った。試合前、ボランティアで観客席などを清掃した日大山形高野球部の2年井上直さん(...    
<記事全文を読む>