2桁勝利7度を誇る岸孝之が今季から11番を背負う。過去12年の投手が2桁勝利なしというジンクスを、打ち破れるか。

 初代は創設期の一場靖弘。明大の即戦力右腕として2004年ドラフトの目玉と言われたが、巨人などとの金銭授受問題で既存球団が獲得を断念し、新規参入の東北楽天に入った。2年目、負傷離脱した岩隈久志(マリナーズ)の代役で開幕投手を務め、先発の柱でフル回転して7勝。だがこれがたたって右肩を痛め、07年6勝、08年0勝と下降線をたどった。09年開幕前に外野手の宮出隆自とのトレードでヤクルトへ。

 2代目は福盛和男。10年の1季だけ付けた。初代抑え投手で、低迷期の05~07年に計49セーブ...    
<記事全文を読む>