東北楽天は、仙台市泉区大沢の2軍の練習拠点「楽天イーグルス泉練習場」を約1億8000万円かけて大幅改修した。現在の約3倍の広さとなる室内練習場を新設したほか、7投手が同時に投げられる屋根付きブルペンを整備。観覧席や一般駐車場を整備し、練習場で開催するイースタン・リーグの観戦環境も向上させた。

 室内練習場は鉄骨組みに膜を張った構造で、縦42.5メートル、横46メートルの約2000平方メートル。ダイヤモンドの広さを十分に確保し、投手・内野連係守備やシート打撃の練習ができる。天井の高さは約13メートルあり、打球の伸びなども確認できる。

 ブルペンは7レーンあり、マウンドの傾斜や土は本拠地コボパ...    
<記事全文を読む>