打球はライトスタンドに吸い込まれていった。1点ビハインドの八回2死一塁。打席に入った鈴木大地内野手はカウント2ボール、1ストライクからイーグルス先発・岸のスライダーを振り抜いた。逆転の2ラン。ボールが大きな弧を描き、右翼に消えていくのを見届けるとチラッと三塁側内野席上に位置する個室に目を向けた。その姿を少しだけ確認するとうれしさが、またこみ上げてきた。

 「きょうは勝ててよかったです。実は88歳になる母方のおじいちゃんが初めてマリンに試合を見に来てくれていたんです。打てて、勝ててよかったです」 試合後、スタンドのファンへの挨拶を済ませると何度も三塁側の個室で応援をしてくれた親族たちに手を...    
<記事全文を読む>