わんど(私たち)の街で夢のプロ野球-。青森県では29年ぶりとなるプロ野球1軍公式戦が28日、弘前市運動公園野球場(愛称「はるか夢球場」)で開催される。地元が待ちに待った試合は東北楽天-オリックス戦。パリーグ首位独走中の東北楽天の初来県に、早くも盛り上がりを見せる。

 県内でプロ野球1軍の公式戦が開かれるのは、県営球場(青森市)であった1988年7月のヤクルト-広島戦以来。球場施設の不備などがネックとなり、長らく途絶えていた。

 弘前市は2014年に市文化スポーツ振興課を中心に誘致プロジェクトチームを発足させ、商工業者や野球関係者と連携して仙台市への東北楽天観戦ツアーなどを展開。官民協働の誘...    
<記事全文を読む>