元プロ野球選手が勢ぞろいするイベント「ドリーム・ベースボール」が4日、下関市冨任のオーヴィジョンスタジアム下関であり、約6400人が元プロ選手のプレーなどを楽しんだ。 投手として400勝の金字塔を打ち立てた元巨人の金田正一さん(83)が監督を務めた「ドリームチーム」には、元巨人投手の桑田真澄さん(49)や元ソフトバンク外野手の柴原洋さん(43)ら元プロ選手24人が集結。前田晋太郎市長も参加した市選抜チームと対戦した。 1点を追い掛けるドリームチームは、5回に元阪神の桜井広大さん(33)の二塁打などで2点を返した。6回にも元ソフトバンクの本間満さん(44)が適時三塁打を放ち、3-...    
<記事全文を読む>