中日・ゲレーロのプロ野球記録となる7戦連続本塁打が懸かった試合で、東北楽天の投手陣は4度の対戦でアーチを許さず、快挙達成を阻止した。

 少し危うい形になったのは3番手森原が対戦した八回、右翼ポール際に大飛球を打たれた場面。相手が逆方向にうまくさばいたが、外角低めをズバッと突く直球を投げた森原は「狙った通りのいいコースで、飛ばされても入らない」と自信があった。最後は、直球で中飛に仕留めた。

 記録阻止について、梨田監督は「特に考えはしなかった。正々堂々と勝負した結果」と語った。

...    
<記事全文を読む>