◇オリックス3-1巨人 先発投手が粘れず、打線はつながらない。負の連鎖は再び繰り返された。11年ぶりの10連敗を喫した巨人。攻撃陣のてこ入れも実らず、今季最少の散発4安打に、高橋監督も「なかなかうまくいかない」と肩を落とした。

 一回に1点を先制されたが、直後に追い付いた。だが、三回、宮国が安達と中島に適時打を浴び2点を失った。その後は持ち直し、7回を投げ抜いただけに「あの回(三回)だけだった」と悔やんだ。

 点差は2点。ただ、今の巨人打線にはね返す力はない。オリックスの新人・山岡の前に二回以降は沈黙。初めて5番に座った石川、打線の起爆剤として2日に2軍から昇格し、この日は6番に入ったクルー...    
<記事全文を読む>