日本ハムが延長十一回サヨナラ負けを喫した。3―3で迎えたこの回、二つの失策などから1死満塁とされ、岡崎に決勝の左前打を浴びた。打線は中田、レアードの活躍で2点リードで九回を迎えたが、抑えの増井が制球難から同点に追いつかれた。阪神は2連勝。

...    
<記事全文を読む>