東北楽天の先発美馬が8回無失点の快投で、チームの連敗を阻止した。「九回も投げたかったが、後半はボールが多くなった」。今季初の完封勝利は逃したが、リーグ単独トップ7勝のエース則本に次ぐ堂々の6勝目をつかんだ。

 一回に安打で先頭打者の出塁を許し、その後1死一塁となった場面。試合前まで3割3分5厘とセ・リーグ打率トップの大島を迎えたが、捕手嶋が好送球で二塁を狙った一走を刺した。

 「得点圏で打つイメージがある打者の前に走者を置かれず助かった」。その後は味方の好守に応えるかのようにテンポ良く投げ込んだ。特に決め球のスライダーがさえ、七回まで毎回の9三振を奪った。

 好調を保つ要因の一つが食事の管理...    
<記事全文を読む>